1. TOP
  2. 特集
  3. レビュー
  4. 1500円の「Pelikano junior」で万年筆に入門しよう

1500円の「Pelikano junior」で万年筆に入門しよう

 文房具好きが持っているイメージの強い筆記具といえば「万年筆」。

 ペン先の彫刻や刻印、形状、胴軸の素材、デザイン、仕上げなど、あらゆる点に各社の個性が大きく現れる。見た目の美しさも要求されるジャンルだから、文房具に興味のない人でも、万年筆に対して「かっこいい」とか「欲しい」という感想を持ったことがあるのではないだろうか。

 しかし、ボールペンやローラーボールなど、利便性では万年筆に勝るペンが手軽に手に入る現代では、万年筆は「一般的に使われている」とは言いがたくなってきた。理由のひとつには、やはり「価格」があるだろう。

 エントリーモデルでも1万円ほど、少しいいものを、と望めば5万円、10万円といった出費を覚悟しなければならない。それ以上のクラスになれば、希少な素材が使われていたり、製造工程が工芸品に近くなっていたりして、価格は天井知らず。

 「100円や200円で使いやすいボールペンが手に入るのに、筆記具に数万円を払うのはどうか?」と考える人が多くなるのは、自然な流れかもしれない。

 しかし、「数万円は出せないが、万年筆には興味がある」「ぜひ使ってみたいが、大金はかけたくない」と考える人も一定数以上いるのではないかと私たちは考える。

 では、1500円で買える万年筆があればどうだろう? スイスに本社を置く筆記具メーカーPelikan(ペリカン)の「Pelikano junior」は、実売価格1500円ほど、ディスカウントされていれば、1200円から1300円ほどで購入できる万年筆だ。「ちょっと試しに……」と手を出して、満足のいく結果が得られなくても、許せる範囲ではないだろうか。

 むしろサインペンやボールペンが連想されるような、ポップなスケルトンのボディーとデザインが特徴的。ペン先はステンレス製だが、書き味は非常に滑らか。

 通常ペン先の太さが表記される部分には、初心者やビギナーを意味する「Anfänger」の頭文字で「A」と刻印されている。実際の太さは中字である「M」から少し太くした程度で、汎用性が高い。

 初めからカートリッジが1本付属するため、購入してすぐに使い始められる。インク色はロイヤルブルーで、万年筆らしいレトロな気分を味わえるのもいい。

 グリップの部分にはくぼみが設けられている。公式サイトを参照すると「The Pelikano Junior learn-to-write fountain pen has a special gripping profile for a perfect grip」との表記があり、「特別な分析に基づいた、完璧な持ち方のためのグリップ」とされている部分だ。

 このくぼみに3本の指を合わせると、正しい万年筆の持ち方を自然と習得できる仕組みになっている。万年筆入門にPelikano juniorがおすすめなもうひとつの理由だ。

 「高級感」とか「質感のよさ」と言ったベクトルでは語れない商品だが、製図用のペンなどと並べても、存在感を出しつつ、自然に溶け込めるような魅力もある。万年筆に興味があっても、価格がネックになって手を出せなかった方、ぜひ筆箱に加えてみては? 万年筆の書き味に、すっかり夢中になってしまうかも。

今回の文房具:Pelikan Pelikano Junior 実売価格1500円前後

Pelikano junior(Pelikan)