1. TOP
  2. ニュース
  3. 文房具ニュース
  4. 「SAKURA craft_lab 004」が9月下旬発売、実物を見た!

「SAKURA craft_lab 004」が9月下旬発売、実物を見た!

 サクラクレパスは9月下旬に「SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)004」を発売する。

 「子どもの頃の無邪気な気持ちを思い起こさせ、いつまでもペンを走らせていたくなる、大人の筆記具を生み出したい」という着想から生まれた同シリーズ。2018年には、シリーズの「001」が「文房具屋さん大賞」(有名文房具店10社の売り場スタッフが審査員となり、自腹でも買いたい文房具を審査して選出)に選ばれるなど、業界でも注目度が高いシリーズだ。

SAKURA craft_labシリーズは、店頭の什器もユニーク。目にしたことがある方も多いのでは?

 SAKURA craft_lab 004は、 2色のゲルインキボールペンとシャープペンシルの多機能ペン。「001」のシンプルなフォルムを活かしながら、頭冠とボディ中央のローレットを新たに設けている。

サクラマークとローレットの切削がポイント

 カラーバリエーションはガーネットレッド、ボトルグリーン、エボニーブラック、アッシュグレーの4色。上部のパーツはカラーアルマイトにヘアライン加工、下部には「真鍮(ちゅう)」または「洋白」を採用している。

同シリーズ001、002、003と合わせて手に入れたい商品だ

 クリップはヴィンテージのメガネ、頭冠はカメラのダイヤルから着想を得たとしており、モダンな中にもアンティークな雰囲気を携えているのが外観上の特徴。

 テーマは「一本の編集者」。「日常のさまざまな情報を、SAKURA craft_lab 004というペンを使って切り取り、整理し、自分らしくまとめていく」といった意味合いが込められているという。

カラーバリエーションはシックな4色展開

 ボール径は0.4mm、シャープペンシル部分は芯径0.5mm。全長は133mmで、軸径は10.9mm、重量27g。価格は8000円(税抜き)で、ボールペンのリフィルは300円。リフィルは、ブラックとレッドを標準装備とするが、オプションで「ブルーブラック」と「クリムゾンレッド」も用意する。

プレスリリース(サクラクレパス)