1. TOP
  2. 特集
  3. 文房具レビュー
  4. 机の上に輝く「赤」!ロディア「scRipt」2019リミテッドカラー

机の上に輝く「赤」!ロディア「scRipt」2019リミテッドカラー

ロディアの筆記具コレクション「scRipt」

 「ロディア」と聞いて「ブロックメモ」を思い浮かべる文房具ファンは少なくないだろう。そんなロディアから筆記具がリリースされていることをご存知だろうか? それが「scRipt(スクリプト)」だ。

鮮やかな「赤」鉱物のような質感。

小窓つきのパッケージが可愛らしい

 スクリプトのラインアップは「シャープペンシル」「油性ボールペン」の2種。

 軸色はいずれも「ブラック」「オレンジ」「シルバー」をレギュラーとして用意するが、今回紹介するのは、限定販売の「レッド」。鮮やかで深みのある赤色は、机の上で確かな存在感を放ちつつ、どこか大人の雰囲気を漂わせる。

 ボディーにはアルミニウム素材を採用。ヘアライン加工によって、鉱物のような落ち着いた質感を実現している。

手になじむミニマルなデザイン。

全長128ミリ、六角形軸のミニマルなデザイン

 芯径は、シャープペンが0.5ミリ、ボールペンが0.7ミリ。ボールペンには滑らかな書き味が特長である低粘度インク(ブラック)を搭載。

 サイズは全長128ミリと、若干小ぶり。手帳にはさんだり、胸ポケットに入れたりするのにちょうど良く、持ち運びに便利なサイズ感だ。重量はシャープペンが18グラム、ボールペンが21グラム。サイズに対してやや重めの設計で、手に乗せるとしっかりした存在感がある。

ヘアライン加工の表面は手触りにも優れている

 「書く時間、描く時間をよりアクティブに、よりクリエイティブにする」というコンセプトで設計された六角形のボディは、指としっかりとフィットするため、筆記時もペンが手の中で安定する。そのため、立った状態でメモを取る際や、長時間の使用でも集中して筆記できる。グリップ感は鉛筆に近いため、多くのユーザーが違和感なく使用できるはずだ。

製品情報

クリップ部分にはブランドロゴである、創設者ヴェリヤック兄弟の絆を表現した2本の木がプリントされている。

「ロディア scRipt レッド ボールペン」
価格:2400円(税抜き)
機構:ノック式
芯径:0.7ミリ
インク:低粘度インク(ブラック)
重量:21グラム
全長:128ミリ

「ロディア scRipt レッド シャープペン」
価格:2400円(税抜き)
機構:ノック式
芯径:0.5ミリ
重量:18グラム
全長:128ミリ

クオバディス・ジャパン
ロディア